手術室から病棟に異動した時に勉強しておきたい看護技術

手術室の経験だけでなく、病棟経験も積みたいと考えている看護師もいるかもしれません。

手術室と病棟の業務や看護は違う部分も多いので、勉強しながら進めていくことが必要になります。

職場によっては、病棟経験は0でも看護師としてのキャリアはあるので、全くの新人としての扱いはなく、いきなり独り立ちさせられるところもあります。

今回は、手術室から病棟に異動した時に勉強しておきたい看護技術についてお伝えします。

手術室から病棟への異動は大変!?

手術室経験だけでなく、病棟経験も積みたいと考えているオペナースもいると思います。

手術室と病棟は業務の内容が異なり、病棟では即戦力とはなりにくいので環境に馴染めず大変に感じる人も多いです。

病棟経験はゼロでも看護師としてのキャリアを評価されるので、1年生と同様に手厚いフォローを受けられないことも。

病棟での「基本的な看護技術は知っていて当たり前」などの雰囲気に苦しむ人も少なくありません。

看護技術の勉強が必要になる

手術室では患者さんへのケアなどを行う機会が少なく、身体ケアなどの看護技術を身につけることができません。

病棟では身体ケアなどの基本的な看護技術の勉強が必要になります。

手術室で働く看護師の中には、身体介助は看護学生の時に経験して以来という人もいます。

現場で学ぶことも大切ですが、看護技術の基本をしっかり勉強しておくことが重要です。

手術室から病棟に異動した時に勉強しておきたい看護技術

ここでは、手術室から病棟に異動した時に勉強しておきたい看護技術についてお伝えします。

採血やルート確保など注射の技術

手術室では採血やルート確保を行う機会は少ないですが、病棟では常に必要になる技術です。

検査の指示がある場合などは、早朝から数十人の採血を時間内に終わらせなければならない状況も。

特に高齢者の患者さんの場合は血管が細く、採血やルート確保が難しく、安全に的確に実施するスキルが必要になります。

採尿などの検査技術

病棟では検査指示があれば採血だけでなく採尿なども実施します。

バルーンバックを挿入している患者さんも多く、バルーンバックからの採尿方法も勉強しておく必要があります。

バルーンバックからの採尿は病棟で実施する技術であるため、手術室にいると学ぶ機会がありません。

経管栄養の手順と観察項目

病棟では様々な症状の患者さんと出会い、必要な処置も異なります。

経管栄養を行なっている患者さんも多く、実施の手順や観察項目などはしっかり押さえておくことが求められます。

経管栄養を実施する時の適切な速度や時間、日々のケアなども勉強しておくことが大切です。

経管栄養の勉強にオススメの参考書

心電図の設定と計測の手順

手術室ではモニターに心電図が表示され、3点誘導のパッチを貼り付けるだけで完了することが多いと思います。

病棟では心電図の観察のために移動式の心電図モニターを装着して、モニター管理を行います。

波形の異常がある時には12誘導を測定する指示があるので、すぐに実施できるようにしておくことが求められます。

装着部位と順番、波形の見方なども必要になります。

心電図の勉強にオススメの参考書

手術室のスキルは病棟で発揮しにくい

手術室で数年経験してきたからと言って、病棟ですぐに即戦力として働けるわけではありません。

病棟と手術室の業務は異なるため、部署に合わせた勉強が必要になります。

手術室で行われる看護は特殊であるため、身につけたスキルを病棟で発揮することは難しいです。

だからと言って、手術室で身につけた知識や経験が無駄になるわけではありません。

ゼロから勉強する気持ちで挑むことが大切

病棟には病棟で必要な看護技術があるため、ゼロから勉強する気持ちで挑むことが大切になります。

病棟経験はゼロであっても看護師経験は重要視されるため、新人ナースほど手厚い指導やフォローが受けられないこともあります。

「病棟では新人だから教えてもらえて当然」などの態度ではなく、謙虚さを持って取り組むことが必要です。

分からないことは積極的に聞いて解決する

病棟では1人で対応しなければならないことも多く、分からないこともたくさんあります。

分からないことや自信がないことは、勝手に判断せず、必ず先輩に聞いて解決することが必要になります。

やっぱり病棟が合わないと悩むオペナースも多い

手術室から病棟に出たオペナースの中には、病棟が合わないと悩む人も多いです。

手術室と病棟の環境の違いや業務に慣れないことに悩みを抱えることも。

病棟で働き始めた数ヶ月間は「できない」ことが多くなるため、仕事に対する自信もなくなってしまいます。

病棟に出て初めて自分の向き不向きに気づくこともある

手術室から病棟に出たからと言って、病棟で働き続けなければならないとは限りません。

病棟に出ることで初めて、自分が手術室に向いているなどの向き不向きが分かることもあります。

向き不向きを知ることで、自分の目標や適性を考えて職場を選ぶこともできます。

病棟経験は大変なことも多いですが、看護師としての経験の幅を広げてくれる機会になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です