手術室から病棟勤務は難しい?病棟デビューを果たしたナースの体験談

「手術室で働いていると潰しが効かないから大変」

こんなことを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

最初は病棟を経験した方が良い、とアドバイスをされる人も多いと思います。

手術室に興味があるけど、潰しが効かないならちょっと…と考えた人もいるかも。

今回は、手術室が潰しがきかないと言われている、本当の理由について見ていきましょう。

オペ室は病棟とは違う

手術室は、特殊な環境であるため、病棟とは違う技術が必要になります。

採血や、バイタルサイン、静脈注射など、学生時代に勉強をした看護技術とは違うスキルが必要になります。

手術室はゼロからのスタート

手術室では、器械出しと外回りが主な仕事になるので、今まで身につけてきた看護技術は通用せず、新たに覚え直すことがたくさん出てきます。

そして、術式などもドクターによって変わってくるため、毎回同じパターンではなく、臨機応変に対応するスキルも求められます。

手術室で働くときは、ゼロからのスタートになってしまいます。

逆に、手術室を経験して病棟に出る時も、同じくゼロからのスタートになります。

病棟ナースはどこでも働ける

病棟ナースの場合は、バイタルサインや採血、ケアなどの看護技術を身につけておくことで、病院が変わってもすぐに適応することができます

配属される部署によっては、疾患や病態などの勉強は必要になります。

しかし、看護技術の技術は共通しているので、場所が変わっても即戦力として働けるという部分では有利になります。

また、病院以外にもクリニックやセンター、施設でも働きやすいので、病棟経験者は重宝される傾向にあります。

病棟を経験する最適なタイミングは?

手術室で働いている看護師の中にも、病棟経験をしておきたいと考えている人も多いと思います。

自分のキャリアプランの中で、病棟経験が必要だと考えているのであれば、経験が浅い間に病棟デビューをすることがオススメです。

オペ室の経験が長くなってしまうと、現場でも必要不可欠な存在になってしまい、病棟への異動が認められにくくなってしまいます。

また、看護師のキャリアがあっても、病棟では新人同様の扱いになってしまいます。

新しい環境で、新人と一緒に学んでいくことにストレスを感じてしまう人も。

本当に病棟経験を積みたいと考えているのであれば、最初に病棟を経験しておくか、3年目で病棟デビューが最適なタイミングです。

手術室から病棟デビューは大変(体験談)

私も自分自身のキャリアを考えて、手術室から病棟デビューを果たしたナースの1人です。

手術室経験があったので、転職先を探す際も手術室への配属の話もありました。

しかし、病棟での看護を経験したいという思いが強かったので、転職先と相談し病棟へ配属してもらいました。

看護師3年目で病棟へ

配属された時は、看護師になって3年目でした。

看護師としては3年目でしたが、病棟経験がないため新人と同様に指導を受けることに。

同じ3年目のナースが、バリバリと仕事をこなしている姿を見て焦りを感じていました。

手術室に戻りたい思いが強かった

手術室では重宝されるのに病棟では足手まといの存在という感覚に、手術室に戻りたいと毎日のように考えていました。

周りにも支えられ、なんとか辛い時期を乗り越えることができましたが、最初の3ヶ月間は辛い日々でした。

新卒から手術室に配属された人は、病棟に出た時には新人同様になってしまうため、精神的にも辛い状況を経験することがあります。

それでも、手術室と病棟の2つを経験することができたので、看護師としての知識や視野は広がり、成長できたと思います。

オペ室を極めることも選択肢の一つ

オペ室経験しかないベテラン看護師は、病棟では歓迎されないことが多いです。

キャリアは積んでいても、病棟スキルは新人同様の指導が必要になってしまいます。

そのため、即戦力が欲しい病棟にとっては、あまり良い印象は持ってもらえません。

しかし、オペ室の経験はオペ室で生かされるので、オペ室のスペシャリストとして自分を売り込んでいくことも可能です。

病棟ではなく、手術室だけを極める看護師であれば、どこの手術室に行っても歓迎されます。

手術室でもキャリアアップはできる

手術室で働いているとキャリアアップができない、と思っている人もいるかもしれません。

手術室を極める方法として、認定看護師の資格を取得することも選択肢の一つです。

最近では、認定看護師の育成に力を入れている病院も多いので、オペ室のスペシャリストを目指すこともできます。

選択に迷ったら病棟勤務を選ぶ方が良い

新卒の学生の中には、手術室と病棟のどちらを選ぶか迷っている人もいるかもしれません。

迷っているのであれば、最初から病棟勤務を選ぶことをオススメします

病棟であれば自分の興味のある部署への転向なども可能です。

しかし、手術室から病棟への転向は時間がかかり大変なことも多いので、後から部署の変更などを考えている人は、最初から病棟を選ぶことが良いでしょう。

病棟への異動希望が認められにくい

私のように手術室から病棟へ異動した時に、異動希望が通らないこともあります。

どこの現場でも、看護師不足が深刻になっている状態です。

特にオペナースは教育に時間がかかることや、即戦力となるスタッフが抜けてしまうと現場が回らなくなってしまうことなどから、異動希望が認められないことも多いです。

実際に、異動希望を何度出しても認めてもらえないという人も多く、病棟に出るのも諦めて働いている人もいます。

師長や主任に相談しても異動が通らない場合は、転職することも方法の一つです。

病棟勤務ができる環境を探すことが大切

私も異動願いを何度も出して交渉しましたが、病棟に出ることはできませんでした。

手術室で看護師を続けることも選択肢としてありましたが、病棟で経験を積みたいという思いが強かったため、転職を決意しました。

転職先はキャリアアドバイザーに相談

正直、病棟経験がないのに転職ができるのかと不安に思っていました。

しかし、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談をすると、条件にあった病院の紹介とその病院に問い合わせをすぐにしてもらえました。

手術室経験しかなく病棟はゼロからのスタートで、教育体制が不安、フォローもしてもらえるのかなどと細かい疑問なども、キャリアアドバイザーに相談しました。

すると、病院側からお声がけをいただき、病棟で頑張って欲しいとオファーをいただきました。

今は病棟ナースとして活躍

私1人だけでは、向こうからオファーをいただける病院を探すことはできなかったと思うので、アドバイザーに相談をしてよかったと思いました。

手術室経験しかない私でしたが、教育体制やフォロー体制も手厚く、安心して転職先で看護師を続けています。

転職で失敗しないためには?

転職を考えている看護師は多いと思いますが、絶対失敗しない転職方法は存在しません。

今の環境から抜け出し、自分の思い通りの生活を送るためには、準備が必要になります。

転職を成功させるためには、綿密な準備が必要になります。

転職サイトを上手く活用する

忙しい看護師が転職を成功させるためには、転職サイトを上手く活用することです。

転職サイトを使えば、面倒な転職先のリサーチ、面接の日程決め、給料交渉の全てを、あなたの代わりにこなしてくれます。

転職をスムーズにこなすための方法として、複数のサイトに登録して自分に合った担当者を見つけることです。

手術室の看護師にオススメの転職サイト

手術室の求人に強い転職サイトを紹介します。

「看護のお仕事」

  • 全国に対応
  • 地域ごとに専任のコンサルタントがいる
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:1325件(2018年3月現在)

看護のお仕事は全国に対応しており、手術室の求人数も多いことが特徴です。

また地域専任のコンサルタントが担当してくれるので、病院の立地や交通手段、病院周りの環境に関しても詳しい情報が得られます。

実際に利用してみて…

「看護のお仕事」の評価
求人数
(4.0)
対応の良さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応が丁寧でしつこくなく無理に勧められることもありませんでした。

実際に「看護のお仕事」から転職した人の病院の内部情報を教えてもらえたので安心につながりました。

しっかり話を聞いてもらえるので、自分のペースで仕事探しを進めることが出来そうです。

「ナースではたらこ」

  • 全国に対応
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:263件(2018年3月現在)

ナースではたらこは全国に対応しており、非公開求人も多いことが特徴です。

サイトでの検索では手術室の求人数は少ないですが、非公開求人が多いので、直接紹介されることが多いようです。

【ナースではたらこ】

実際に利用してみて…

「ナースではたらこ」の評価
求人数
(2.0)
対応の良さ
(4.0)
総合評価
(3.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応は丁寧で好感が持てました。

非公開求人も多く、サイトに載っていない求人を紹介してもらえたので、高待遇のレアな求人に出会えることも多いと思いました。

【ナースではたらこ】

転職を成功させるために

後悔しない転職をするためには、看護師の転職に携わっているプロの力を借りることも方法の1つです。

転職サイトのアドバイザーが、病院探しから面接対策、入職後のフォローまでしっかりサポートしてくれるので、安心です。

看護師の転職活動は孤独な気持ちになることも多いですが、サポートしてくれる人がいることで前向きになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です