オンコール(待機)は大変?オペナースの1日のスケジュールと過ごし方

手術室で働いていると、夜間や休日などの緊急手術に対応するためのオンコール(待機)があります。

オンコールの日は電話がなければ出勤の必要はありませんが、電話がいつかかってくるかというプレッシャーもあるのでしんどいと感じている人も。

常に電話の前で待機して、すぐに出れるようにスタンバイをしなければならないため、オンコールの日は何もできないという人もいると思います。

今回は、オンコールの1日のスケジュールと気になる過ごし方について紹介していきます。

オンコールとは待機すること

オンコールとは、勤務時間外での緊急手術時などに対応するため待機することです。

緊急手術などの必要性があれば、オンコール当番の看護師は出勤して対応しなければなりません。

もし、緊急手術などがなければ呼び出されることはなく出勤も必要ありません。

オンコール体制をとっている手術室は多い

手術室にはオンコール体制をとっている病院とオンコール体制がない病院があります。

この違いは、夜勤の有無です。

手術室にも夜勤がある職場もあり、夜勤がある手術室ではオンコールはありません

最近では日勤のみの手術室から緊急オペに対応するために、夜勤を取り入れて24時間体制で稼働しているところもあります。

オンコール体制のメリット

オンコール体制をとっている手術室は多いですが、オンコール体制にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット
  • 規則正しい生活を送れる
  • 育児と仕事の両立がしやすい
  • オンコール手当がもらえる

これらがオンコールのメリットですが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

規則正しい生活を送れる

オンコール体制をとっている手術室は、基本的に勤務は日勤のみになります。

夜勤がないので不規則な生活にならず、規則正しい生活リズムを送ることができるので、夜勤が苦手という人にも安心です。

日勤と夜勤の不規則な勤務は体調も崩れやすくなってしまうため、日勤のみで働きたい人にはぴったりです。

育児と仕事の両立がしやすい

夜勤があると長時間拘束されてしまい、夜間も家族に子供を見てもらわなければなりません。

しかし、オンコール体制であれば呼び出しがあっても、オンコールの対応が終わる数時間だけ子供を預けることになります。

夜勤での8時間や16時間の間、子供を預けることを考えるとオンコールの数時間であれば、負担も軽くなります。

呼び出されなければ出勤の必要もないので、育児と仕事の両立がしやすいのです。

オンコール手当がもらえる

オンコールの日は、オンコール手当がもらえます。

金額は夜勤手当ほど多くはありませんが、出勤しなくても手当はもらえるので、何もなかった日は少し得をした気持ちになります。

もちろん、呼び出されて対応した場合は、時間外手当などの勤務時間に対して給料が発生します。

オンコール体制のデメリット

オンコール体制は手当ももらえるので、何もなければラッキーと思いますが、オンコールならではのデメリットもあるのです。

デメリット
  • いつ呼び出されるか分からないストレスやプレッシャー
  • オンコール手当が安い
  • オンコールで呼び出されても翌日休めない

これらがオンコールのデメリットになります。

いつ呼び出されるか分からないストレスやプレッシャー

いつ呼び出されるか分からない状況なので、ストレスやプレッシャーがかかってしまいます。

電話がなったらすぐに出勤しなければならないため、ゆっくり休むこともできず、常に電話が気になって疲れが取れない人も多いです。

また、電話がなったらすぐに出れる状況にしておく必要があるため、ゆっくり入浴もできないという人も。

そして、お酒を飲むこともできず、週末などに遠出もできません。

オンコール手当が安い

オンコールには手当がつきますが、病棟の夜勤手当ほどは高くありません。

オンコール手当の相場は病院によって差がありますが、3000円〜5000円ほどであり、割に合わないと感じている人も多いです。

オンコール当番の時はお酒が飲めない、遠出できないなどの行動も制限されてしまい、精神的にもストレスがかかっているのに、オンコール手当の金額が安いと不満を抱えている人も

オンコールで呼び出されても翌日休めない

オンコールで呼び出される時間は、いつか分かりません。

仕事から帰宅後すぐか、深夜か明け方かなど、呼び出される時間に決まりはありません。

オンコール当番の日は、労働基準法で定められた週40時間の労働時間にカウントされないため、呼び出されたとしても翌日の勤務が免除されるわけではないのです。

夜間に呼び出され、明け方に手術が終わり帰宅、そしてそのまま日勤として出勤というかなりハードな勤務になることもあるのです。

オンコールの日は基本的に家で過ごす

オンコール当番の日は、呼び出されてから30分以内で到着しなければならないなどの決まりがあります。

そのため、職場の近くに住んでいる看護師も多いです。

休日のオンコールのスケジュール

休日のオンコールの1日の過ごし方を見ていきましょう。

  • 7:00   起床・朝食
  • 8:30   オンコール開始
  • 9:00   部屋の掃除やテレビなどを見て過ごす
  • 12:00   昼食
  • 13:00    家事や趣味を楽しむ
  • 17:00   夕食の準備
  • 18:00   夕食
  • 19:00   シャワー
  • 20:00   テレビを見ながら待機
  • 22:00   仮眠(携帯の音量最大)
  • 24:00   テレビを見ながら待機
  • 8:30    オンコール終了

オンコール中の過ごし方は、人それぞれだと思いますが、基本的に家で過ごすことが多いです。

そして、オンコールの前日に食料などを買っておき、オンコール中に買い物に出ないで済むようにしています。

呼び出されなければ普通の休日なので、家で楽しめる趣味などを楽しみながら時間を気にせず過ごすこともポイントです。

基本的にすぐに出勤できるようにしているため、お風呂はシャワーでさっと済ませて私服で過ごします。

オンコールに役立つアイテム

  • Bluetooth 防水スピーカー
  • 吸水性バツグン!ヘアタオル
  • 大人の塗り絵
  • お肌に負担の少ないミネラルファンデーション

これらがオンコール当番の時に役立つアイテムであり、上手く活用して過ごすことがポイントになります。

Bluetooth 防水スピーカー

オンコールの日は、電話に気付けないことが怖くてお風呂に入れない人もいると思います。

そんなオンコールの時に役立つアイテムが、Bluetoothの防水スピーカーです。

シャワー中に音楽を聴きながら入るという人もいると思いますが、スピーカーは音楽だけでなく着信音も知らせてくれます。

シャワーを浴びていても着信に気付くことができるので安心です。

私はスマートフォンを防水カバーに入れてお風呂に持ち込み、Bluetoothスピーカーと接続しています。

電話がなればスピーカーから着信が分かり、スマートフォンには防水カバーをしているので手が濡れていても出ることができます。

吸水性バツグン!ヘアタオル

シャワーに入ったのはいいものの、シャワーから出た直後に電話がなって髪が濡れた状態で出勤しなければならない!なんてこともあります。

髪が長い人などはオンコールの日は、髪を洗わないという方法を取っている人もいるともいますが、夏場は汗もかくので髪は洗いたいですよね。

髪が濡れたまま出勤するのも大変なので、速乾タイプのヘアタオルを使用しています。

これであればタオルドライをするだけで、髪もかなり乾くので時短に!

タオルドライするだけである程度乾くので、髪を洗っても安心して呼び出し対応をすることができます。

大人の塗り絵

オンコール当番の日は買い物にも行きにくいため、家にこもりっきりという状態になります。

家にずっといるのが苦手という人にとってはストレスになると思いますが、オンコール中は時間も電話も気になり余計に疲れてしまいます

そんな時に大人の塗り絵をして過ごすことによって、集中するのであっという間に時間が過ぎていきます。

電話は近くに置いているので、いつ鳴っても対応できるので安心です。

趣味がなくて家でやることがないという人は、オンコールの時間を使って新しい趣味を増やすことも方法です。

お肌に負担の少ないミネラルファンデーション

夜中に呼び出されたらスッピンで出勤するという人もいますが、中にはメイクはしっかりしておきたいと考えている人もいると思います。

オンコールの日は、メイクを落としてからメイクをし直すという人も。

長時間メイクをしたままの状態はお肌に負担がかかってしまい、肌荒れなどの原因にもなってしまいます。

そんな忙しいオペナースにオススメのアイテムが、ミネラルファンデーションです。

お肌に優しい成分でできているので、長時間塗っていてもお肌への負担が少ないのが特徴です。

しかも、つけたまま眠れるので仮眠をしても大丈夫!

そしてクレンジング不要で洗顔石鹸のみで落とすことができるので、シャワーに入った後にメイク直しをする際にピッタリです。

実際に私も使用していますが、薄づきなのにカバー力もしっかりしていて、普段からこれ1本でメイクを済ましています。

【オンリーミネラル】つけたまま眠れるファンデーションのお得な初回セット

オンコール当番を乗り切るために

オンコールは精神的にも肉体的にもストレスが大きいですが、手術室で働く上では避けて通れないものです。

オンコールは夜勤よりも負担が軽いと言われていますが、行動の制限やプレッシャーなどもあるため、しんどいと感じている人も多いです。

そんなオンコールを乗り切るために、オンコールで役に立つアイテムを参考にして乗り切ってください。

オンコール体制が辛いと感じたら?

オンコール体制をとっている手術室は多いですが、オンコールも夜勤もない職場もあります。

オンコール体制が辛いと感じたら、オンコール体制がない職場を選ぶことも方法の一つです。

オンコールも夜勤もない手術室は人気が高く、自分で探すのは難しいのが現状です。

条件が良い職場を探すためには、転職サイトを利用すると見つかりやすいです。

転職で失敗しないためには?

転職を考えている看護師は多いと思いますが、絶対失敗しない転職方法は存在しません。

今の環境から抜け出し、自分の思い通りの生活を送るためには、準備が必要になります。

転職を成功させるためには、綿密な準備が必要になります。

転職サイトを上手く活用する

忙しい看護師が転職を成功させるためには、転職サイトを上手く活用することです。

転職サイトを使えば、面倒な転職先のリサーチ、面接の日程決め、給料交渉の全てを、あなたの代わりにこなしてくれます。

転職をスムーズにこなすための方法として、複数のサイトに登録して自分に合った担当者を見つけることです。

手術室の看護師にオススメの転職サイト

手術室の求人に強い転職サイトを紹介します。

「看護のお仕事」

  • 全国に対応
  • 地域ごとに専任のコンサルタントがいる
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:1325件(2018年3月現在)

看護のお仕事は全国に対応しており、手術室の求人数も多いことが特徴です。

また地域専任のコンサルタントが担当してくれるので、病院の立地や交通手段、病院周りの環境に関しても詳しい情報が得られます。

実際に利用してみて…

「看護のお仕事」の評価
求人数
(4.0)
対応の良さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応が丁寧でしつこくなく無理に勧められることもありませんでした。

実際に「看護のお仕事」から転職した人の病院の内部情報を教えてもらえたので安心につながりました。

しっかり話を聞いてもらえるので、自分のペースで仕事探しを進めることが出来そうです。

「ナースではたらこ」

  • 全国に対応
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:263件(2018年3月現在)

ナースではたらこは全国に対応しており、非公開求人も多いことが特徴です。

サイトでの検索では手術室の求人数は少ないですが、非公開求人が多いので、直接紹介されることが多いようです。

【ナースではたらこ】

実際に利用してみて…

「ナースではたらこ」の評価
求人数
(2.0)
対応の良さ
(4.0)
総合評価
(3.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応は丁寧で好感が持てました。

非公開求人も多く、サイトに載っていない求人を紹介してもらえたので、高待遇のレアな求人に出会えることも多いと思いました。

【ナースではたらこ】

転職を成功させるために

後悔しない転職をするためには、看護師の転職に携わっているプロの力を借りることも方法の1つです。

転職サイトのアドバイザーが、病院探しから面接対策、入職後のフォローまでしっかりサポートしてくれるので、安心です。

看護師の転職活動は孤独な気持ちになることも多いですが、サポートしてくれる人がいることで前向きになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です