病棟で働く看護師と全然違う!?手術室で働くオペナースの1日に密着!

オペ室は閉鎖的な空間であるため、どんな1日を過ごしているからイメージがつかないという人も多いのではないでしょうか。

同じ病院内で働いていてもオペ室での業務は、オペ室で働いているスタッフにしか分からないことも。

手術室の入り口は大きな扉で閉められており、中の様子を覗こうにもなかなか見えないですよね。

手術室の看護師ってどんな仕事をしているの?なんて思っている人もいるかもしれません。

そんな謎が多いオペ室の看護師ですが、今回は新人看護師の1日に密着したので紹介していきます。

新人看護師の1日のスケジュール

新人看護師は、器械出しと呼ばれる直接介助業務を主に行っていますが、器械出しを行うためには器械の確認や準備などが大切になってきます。

手術室で働くオペナースの仕事は、手術中だけでなく準備から後片付けの手術前後も大切な業務の一つです。

8:30 朝礼と申し送り

外回りの先輩から、本日の手術を受ける患者さんについて申し送りを聞きます。

特に大切な項目は、手術歴や既往歴、術式、ドクターの治療方針などの情報をきっちり押さえておきます。

手術室では血液汚染などのリスクが高いため感染予防のためにも感染症は必ずチェックしておきます。

8:40 手術をするための物品の準備

術中に使用される衛生材料や手術材料などを揃えます。

手術によって使用される針や糸の種類も違うため、確認をしながら物品を集めていきます。

9:00 部屋の準備と器械開け

その日のオペで使用される滅菌された器械を展開しますが、手洗いを済ませてガウンを着用して清潔な状態で器械展開をします。

器械展開の時に後出しのメスの刃などをつけたり、器械を並び替えたりします。

12:00 休憩

休憩はオペの状況にもよって変わってきます。

休憩中は先輩や同期と食堂で食べる日も

13:00 手術開始

患者さんが入室したら麻酔導入の介助や手術体位のセッティングなどを行い、器械だしの先輩と一緒に手洗いにいきます。

清潔になったら直接介助を先輩と一緒につきながら見学したり実施したりします。

16:00 器械洗浄、部屋の片付け

手術が無事に終了したら器械の洗浄と部屋の片付けを行い、部屋を元どおりにします。

そして、翌日の手術で使われる器械の説明と手術のオリエンテーションを受けて、しっかりとシュミレーションを重ねます。

17:00 1日の振り返り

その日のオペについてプリセプターと振り返りを行い、わからなかった部分を質問したりします。

17:15 退勤

帰宅の準備をして帰ります。

1年間は先輩が付いてくれる

新人看護師にはプリセプターという指導係の先輩が付いてくれるので、基本的に1年間は先輩と一緒にオペについてフォローを受けながら慣れていきます。

手術をスムーズに進めるためには、手術に必要な物品や手術に必要な器械や道具、機材、薬剤などを揃えければなりません。

手術が始まる前の準備として器械開けがありますが、手術で使用される器械は滅菌された状態で準備されています。

この器械の中に術中で必要になる手術用の材料などを準備して、手術がすぐに行えるようにしておきます。

人によっては使いやすい器械の並べ方に変えたり、自分が手術介助を行いやすいように環境を整えることも準備として大切なのです。

そして翌日の手術の準備のために、必要になる物品や器械、手術の流れなどのオリエンテーションを先輩から受けます。

手術によって使用される物品なども違うため、行われる手術に合わせて指導を受けながら勉強も進めていかなければなりません。

朝から行われる手術もある

先ほどのスケジュールでは午後からオペが始まっていましたが、手術のスケジュールによっては朝から手術が行われることもあります。

朝一で行われる場合は、9:30に患者さんの入室があったりすることがあるため、前日に翌日の手術部屋のセッティングを行ったりします。

前日に部屋のセッティングや必要物品などを揃えたりしますが、器械は当日の朝にしか展開することができないため、朝の限られた時間で器械展開を行うのでスピードを求められることも。

慣れない間は器械展開が追いつかず、器械が展開できる前にタイムリミットがきてしまい、手術中に慌てて器械整理をするなんてことも新人であれば1度は経験する、手術室あるあるです。

新人は先輩とペアで業務をこなす

オペ室では、外回りナースと器械出しナースのペアで業務をこなしていきます。

直接介助はドクターの手術サポートを行い、外回りナースは患者さんの全身管理と術中に使用される器械や衛生材料を出したり、外からサポートを行います。

ペアの組み合わせで多いのは、外回りにベテラン先輩ナース、器械出しに新人ナースというものです。

外回りは手術の流れや必要な物品などが分かっていないとこなすことが難しいため、2年目以降に始まるという病院が多いようです。

病棟でもスタッフ同士のチームワークは大切ですが、手術室ではナース同士はもちろん、ナースとドクターとのチームワークも病棟以上に大切になるため、周りを見て行動することや協調性がないと務まらない環境です。

新人看護師に聞く!手術室での1日の業務で大変なこと

手術室では手術を受ける患者さんのサポートを行う仕事であり、1日のスケジュールの中でも準備に時間をかけています

準備がきっちり出来ていなければ手術がスムーズに進めることができないため、安全に安心してオペを始めるためにも環境を整えることが大切なのです。

新人看護師に手術室での1日の業務で大変なことについて聞いてみました。

手術のための準備が大切

手術室では手術を行うための準備が大切だと思います。

手術中に必要な物品が準備できていないなんてことがあったら手術が止まってしまったり、予定通りに進まないこともあります。

1日の業務で大変なことは、翌日の手術で使う器械を覚えることや手術のオリエンテーションを受けた内容をしっかり勉強することです。

勉強は嫌いじゃないんですが、実際に見たことのない手術も多いので、説明段階ではイメージがつかず覚えられないこともあります。

初めてみる器械も多く、名前も完璧に覚えられていないまま手術につくこともあるので、手術が始まるとともに不安な気持ちでいっぱいになります。

また、手術中はドクターのタイミングに合わせて介助業務を行わなければならないため常に術野から目をはなさず、ドクターのタイミングを伺うことも慣れないので大変に感じます。

器械を渡すタイミングがぴったりだった時は、すごく嬉しいのでもっと頑張ろうって気持ちになります。(看護師歴1年目)

彼女も入社したばかりの新人看護師ですが、やはり手術室での器械の扱いや物品などを覚えることが大変だと言っていますよね。

そして行われる手術によって使う器械や物品も違うため、その度に覚えることがたくさんあるため勉強に時間がかかるのです。

そんな中でもタイミングよくドクターに器械が渡せた時に味わえる嬉しさは、オペ看にしか味わえないものです。

オペナースの1日が分かる参考書

これから手術室で働くという人や、手術室に興味がある人もいるかもしれません。

手術室は閉鎖的な空間であり、1日の仕事内容が分かりにくい部分もあります。

この参考書では、新人看護師の業務である器械だしの1日の業務内容が詳しく紹介されています。

仕事内容が分かりやすく紹介されているので、新人ナースにオススメです。

オペナーシングは年間購読がお得

オペナーシングの年間購読の詳細ページ

オペナーシングはメディカ出版から毎月発行されている専門雑誌ですが、便利な年間購読がオススメです。

オペナーシングを年間購読は下記の3プランがあります。

  1. オペナーシング 12ヶ月分+増刊号2冊+ヨメディカ
  2. オペナーシング 12ヶ月分+増刊号2冊
  3. オペナーシング12ヶ月分

それぞれのプランで値段が異なりますが、送料は無料です。

特に①のプランは増刊号2冊とヨメディカが付いているので、通常で購入するよりもかなりお得です。

ヨメディカとは?

ヨメディカとは、オペナーシングの2010年度以降に発行されたバックナンバーをオンライン上で読み放題できるというものです。

雑誌を持ち歩く必要がなく、オンラインでバックナンバーが読み放題なので出先でもサッと調べることができます。

知りたい情報を検索することもできるので、論文やケースの勉強にも活用できます。

オペナーシングの年間購読の詳細ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です