手術室は年収が低い?オペナースが給料アップするためのコツ

手術室で働いている看護師の中には、給料について悩んでいる人もいるかもしれません。

看護師の給料は多いと言われていますが、手術室で働く看護師はそうでもないと思っている人が多いでしょう。

看護師のお給料のほとんどは夜勤手当などの手当によるものなので、日勤がメインのオペ室ではお給料は低くなりがちです。

今回は、オペナースが給料アップするためのコツについてお伝えします。

看護師の平均年収は約470万円前後

看護師は給料が高いと言われていますが、看護師全体の年収で見ると約470万円前後と言われています。

年収470万円前後であれば、月収は約30万円程度になりますが、働いている病院や施設によって変わってきます。

また、夜勤の有無などの勤務形態によっても給料は変わってきます。

額面だけを見ると、一般的な20代のサラリーマンよりは給料が多いことが分かります。

手術室看護師の平均年収は約430万円前後

一方、手術室で働く看護師の年収は、約430万円前後と言われています。

手術室では夜勤がなく日勤のみであるため、このような差がついています。

月収では約27万円前後が平均となっており、病院によってはもっと少ないところもあります。

手術室にも手当がある

病棟の看護師であれば、夜勤に入ると夜勤手当がつきます。

手術室にもいくつかの手当がありますが、夜勤手当ほど額面は高くないことが多いです。

  • 危険手当
  • オンコール手当

これらが主に手術室で支給される手当になりますが、病院や職場によっては危険手当はつかないところもあります。

危険手当

危険手当とは、整形外科の手術などでX線を使って手術を行ったりすることがあるため、看護師にリスクがあることを想定して手当が支給されます。

危険手当の金額は病院によって異なり、平均的な金額は3000円〜5000円ほどです。

危険手当が出ない病院もあるので、手術室だから絶対につくというものではありません。

オンコール手当

手術室では夜勤がないため、夜間の緊急手術時などに対応するためにオンコール制をとっている職場もあります。

オンコールとは、緊急手術が必要になった場合など、連絡をもらってからすぐに病院に駆けつけるものですが、多くの職場では当番制になっています。

このオンコール手当も職場によってばらつきが見られ、平均1回1000円から10000円までの幅があります。

中にはオンコール制をとっておらず、呼び出しに応じれるスタッフが出る「呼び出し制度」をとっている病院もあり、この場合は呼び出しに対応したスタッフにのみ支給されます。

これらが手術室の主な手当になりますが、病棟の夜勤に比べると金額的にも高くないことが分かります。

手術室看護師を優遇している病院もある

公立病院や大学病院などは福利厚生はしっかりしていますが、年収は400万円前後のところも多く、月収では20〜25万円前後となっています。

公立病院は地方自治体が運営していることもあり、危険手当などの手当も低い傾向にあります。

実際に私が働いていた公立病院では、緊急手術に対応した場合の緊急手当が800円ほどでした。

そして、オンコール手当も800円ほどであり、オンコールのプレッシャーと労力を考えると釣り合っていないと感じることも多かったです。

手当自体は固定なので、上がることも下がることもありませんでした。

私立病院は病棟看護師との差を考慮してくれる

手術室の給料は低いと言われていますが、全ての手術室で低いわけではありません。

最近では、病棟の看護師と手術室の看護師の給料の差をなくすために、夜勤手当の代わりに手術室手当や資格手当などを充実させている病院が増えてきています。

手当は病院によって金額も様々ですが、5000円から50000円ほどの幅があります。

多いところだと、資格手当という名目で50000円ほど給料にプラスされるところもあります。

公立病院などでは難しいですが、お給料アップを考えるのであれば、私立病院の手術室の方が待遇も良いところが多いです。

高待遇の手術室へ転職することも方法

看護師の基本給は、勤続年数とともに上がっていきますが、昇級率もわずかなので思うように年収アップが見込めないことも事実です。

手術室の看護師に限らず、看護師が年収アップを目指すのであれば、基本給が高い病院に転職することです。

基本給が高い病院で働くことで、ボーナスの額面もかなり変わってきます。

最近では手術室の看護師のニーズも高く、基本給の見直しなどを行なっている病院も多いのです。

高待遇の職場を探すためには転職サイトを利用する

手術室で働きながら年収アップを目指したいという人も多いと思いますが、高待遇の求人はそう簡単には見つかりません

実際に私も調べたりしていましたが、自分の希望条件にあったところを見つけることができませんでした。

というのも、高待遇の求人は人気も高くすぐに応募が殺到してしまうため、転職サイトでしか扱えない非公開求人になっていることが多いのです。

だから私が調べても見つけることができなかったのです。

この非公開求人の内容を知るためには、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談すると紹介してもらうことができます。

高待遇の手術室がどのようなものかを知りたいという人は、無料で利用できるので相談だけでもしてみることをオススメします。

転職で失敗しないためには?

転職を考えている看護師は多いと思いますが、絶対失敗しない転職方法は存在しません。

今の環境から抜け出し、自分の思い通りの生活を送るためには、準備が必要になります。

転職を成功させるためには、綿密な準備が必要になります。

転職サイトを上手く活用する

忙しい看護師が転職を成功させるためには、転職サイトを上手く活用することです。

転職サイトを使えば、面倒な転職先のリサーチ、面接の日程決め、給料交渉の全てを、あなたの代わりにこなしてくれます。

転職をスムーズにこなすための方法として、複数のサイトに登録して自分に合った担当者を見つけることです。

手術室の看護師にオススメの転職サイト

手術室の求人に強い転職サイトを紹介します。

「看護のお仕事」

  • 全国に対応
  • 地域ごとに専任のコンサルタントがいる
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:862件(2018年5月現在)

看護のお仕事は全国に対応しており、手術室の求人数も多いことが特徴です。

また地域専任のコンサルタントが担当してくれるので、病院の立地や交通手段、病院周りの環境に関しても詳しい情報が得られます。

実際に利用してみて…

「看護のお仕事」の評価
求人数
(4.0)
対応の良さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応が丁寧でしつこくなく無理に勧められることもありませんでした。

実際に「看護のお仕事」から転職した人の病院の内部情報を教えてもらえたので安心につながりました。

しっかり話を聞いてもらえるので、自分のペースで仕事探しを進めることが出来そうです。

「ナースではたらこ」

  • 全国に対応
  • 非公開求人が多い
  • 「手術室」の求人数:263件(2018年5月現在)

ナースではたらこは全国に対応しており、非公開求人も多いことが特徴です。

サイトでの検索では手術室の求人数は少ないですが、非公開求人が多いので、直接紹介されることが多いようです。

【ナースではたらこ】

実際に利用してみて…

「ナースではたらこ」の評価
求人数
(2.0)
対応の良さ
(4.0)
総合評価
(3.5)

管理人が実際に利用してみましたが、対応は丁寧で好感が持てました。

非公開求人も多く、サイトに載っていない求人を紹介してもらえたので、高待遇のレアな求人に出会えることも多いと思いました。

【ナースではたらこ】

転職を成功させるために

後悔しない転職をするためには、看護師の転職に携わっているプロの力を借りることも方法の1つです。

転職サイトのアドバイザーが、病院探しから面接対策、入職後のフォローまでしっかりサポートしてくれるので、安心です。

看護師の転職活動は孤独な気持ちになることも多いですが、サポートしてくれる人がいることで前向きになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です