転職先を決める前に!転職先が自分に合っているか見極めるコツ

手術室のドロドロした人間関係に疲れて転職したい、今の職場は自分に合っていないなどの悩みを抱えている人もいると思います。

転職したいと思っていても、やっぱり人間関係や職場の雰囲気が気になりますよね。

転職した職場が最悪だったとなってしまっては意味がありません。

今回は、転職先を決める前に転職先が自分に合っているかを見極めるコツについて紹介します。

転職に失敗したと感じている人は多い

今の職場に対して悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

どこの職場でも人間関係の悩みは付き物だとは分かっていても、やっぱりしんどいですよね。

転職を考えている人の中には、人間関係の悩みや職場の待遇などに不満を持っている人が多いです。

これらの悩みを解消するために転職を果たす人も多いですが、実際は失敗するケースも。

転職に失敗する原因は情報不足

転職先探しをしたことがある人は分かると思いますが、求人情報を見て面接を受け、職場の見学を少しさせてもらい、入職するというパターンが一般的です。

一応、職場内の見学はさせてもらいますが、実際の仕事中の雰囲気や人間関係などの詳しい情報を得ることはできません。

少しの時間、見学をしただけでは内部情報について知ることは難しいため、表面上は良く見えてしまうことも多いです。

実際に入職してみると、人間関係が最悪だった、職場の雰囲気が自分に合わない気がするなどのギャップを感じて失敗したと思う人も多いのです。

転職をした人の中には、すぐに退職して元の職場に戻る人も珍しくありません。

これでは転職をした意味がないですよね。

情報収集をしっかり行う

転職先を探すときは、給料が今より高いところ、残業がないところなどの希望条件を持っていると思います。

希望条件に合った転職先が見つかったとしても、自分に合った職場かどうかは別ですよね。

自分で求人サイトを見て応募するという人も、転職アドバイザーから紹介してもらうという人も情報収集はしっかり行う必要があります。

転職の理由や悩みは人それぞれなので、悩みごとにポイントを見ていきましょう。

人間関係が悩みで転職する場合

人間関係の悩みといっても様々なケースがあります。

先輩からのイジメや嫌がらせに悩んでいる人や、職場内の派閥などが面倒に感じている人など個人差があります。

先輩からのイジメや嫌がらせをされていた人は、自分を責めるのではなく、転職を成功させるためにも自分を見つめ直すことも大切です。

職場内の人間関係を見極めたい人は、職場見学を必ず行い、可能であれば休憩時間前後や終業間近に合わせて見学を行うことも方法です。

スタッフが多い時間帯に見学することで、職場の雰囲気や人間関係、スタッフ間の対応などを見ることができます。

残業や勤務体系が悩みで転職する場合

病院によっては手術室にも夜勤があるところもあります。

また、日勤のみが基本ですが緊急手術への対応でオンコール制度をとっているところも。

残業が多くて仕事量が少ない職場への転職を考えている人や、オンコール制度の勤務体系が悩みで転職を考えている人は、募集要項を鵜呑みにするのではなく自分の目で確かめることが必要です。

面接などで対応してくれるのは事務員や看護師長であり、現場を知らない人が多いです。

病院見学を行ったときに、手術室内の見学と手術室の師長と話をする機会を作ってもらいましょう。

現場を知っている師長や主任に勤務状況やオンコール体制について情報を得ることで、雰囲気や実際の体制などを知ることができます。

働きながら転職先を選ぶ方法もある

病院見学などを利用して転職先を見極める方法もありますが、実際に働きだしてから知ることの方が多いですよね。

転職を考えている人の中には、試しに働いてから決めたいと思っている人もいると思います。

紹介予定派遣という方法を利用することで、働きながら転職先を選ぶことができます。

紹介予定派遣は一定期間派遣として働く方法

紹介予定派遣とは、一般的な派遣と違って、今後その職場で働くことを前提に派遣として一定の期間働くという方法です。

紹介予定派遣を利用することで、正社員として入職する前に派遣として働くことができるので、合わないと思ったら期間終了後は断ることも可能です。

紹介予定派遣は、派遣会社と雇用契約を結び転職予定の派遣先に配属される形です。

給与は派遣会社から支給され、面倒な条件交渉も派遣会社が行なってくれます。

派遣期間は最大6ヶ月

派遣としてお試しで働くことができる紹介予定派遣ですが、一般的には3ヶ月の期間を経て正社員として働くケースが多いです。

派遣として働くことができる期間は、最大で6ヶ月でありこの期間は法律で決められています

自分に合った転職先を見極めてから入職したいと考えている人は、転職先で3ヶ月ほど派遣として働き、十分考えた後に正社員として入職することができるのです。

紹介予定派遣を利用することで、正社員として働きだしてからイメージと違った自分に合っていないと感じるのを防ぐことができます。

ただし、派遣先が合わないと思っても派遣期間中は働く必要があるので、理解しておきましょう。

派遣を扱っている求人サイトで利用できる

紹介予定派遣は派遣と同じ扱いになるため、派遣を扱っている求人サイトで利用することができます。

担当者に紹介予定派遣を探していると伝えることで、紹介予定派遣先を紹介してもらうことができます。

紹介予定派遣の募集はオープンには行われていないので、派遣会社から紹介してもらう必要があります。

紹介予定の派遣先は、全国の病院や条件に合った職場を提案してもらえるので、条件がある場合は明確にしておきましょう。

転職を成功させるために

転職しても人間関係が悪かったらどうしよう、人間関係が良い職場に転職したいと考えている人もいると思います。

手術室は閉鎖的な空間であるため、内部事情は入社するまで分からないことが多いです。

紹介予定派遣を利用することで、職場が自分に合っているかを見極めることができます。

転職に不安を抱えている人は、紹介予定派遣などをうまく活用することが転職を成功させるコツです。

紹介予定派遣を利用するためには?

紹介予定派遣を利用するためには、専門の求人サイトを利用することが必要になります。

紹介予定派遣は派遣会社に登録して、求人を紹介してもらい一定期間派遣として働きます。

紹介先は希望に合わせて紹介してもらえるので、担当アドバイザーに気軽に相談できますよ。

MCナースネットがオススメ



登録はこちら≪MC─ナースネット≫

  • 全国18拠点で展開されている
  • 派遣や正社員など全ての雇用形態を扱っている
  • 手術室の求人数:301件(2018年3月現在)

紹介予定派遣を利用するには「MCナースネット」がオススメです。

MCナースネットでは派遣だけでなく正社員やパートアルバイトなど、様々な雇用形態の求人を取り扱っています。

非公開求人も多いので、条件に合ったレアな求人にも出会うことができると思います。

手術室の派遣の求人も取り扱っているので、派遣やアルバイトで働きたいと考えている人にもオススメです。

登録はこちら≪MC─ナースネット≫

自分の理想の手術室を見つけるために

転職先を探すポイントとして、一番気になるのが「人間関係」という人もいるかもしれません。

手術室は閉鎖的な空間であるため、入社前に人間関係を見極めることが難しいと言われています。

紹介予定派遣であれば、派遣社員として働きながら実際の内部事情を知ることができるので、難しい人間関係も見極めることができます。

紹介予定派遣を利用して理想の職場を探すことも夢ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です