キャリアプランは考えてる?オペナースが感じるキャリアの悩み

手術室で働いている人の中には、手術室を希望して配属された人やたまたま手術室に配属になったという人もいると思います。

手術室に入るきっかけは人によって違いますが、仕事を続けていく上で目標は大切ですよね。

新人看護師の中には、毎日オペばかりでこの先看護師として目指すべき目標が分からないと不安に感じている人もいるかもしれません。

今回は、オペナースが感じるキャリアの悩みについてお伝えします。

手術室は患者さんとの関わりが少ない

手術室は患者さんと直接関わる機会も少なく、特に1年目は器械だしがメインになるため、患者さんと話したりすることも少ないです。

病棟では入院から回復して退院するまでの過程を見ることができるので、元気になった患者さんを見てやりがいを感じることができますが、手術室は難しいですよね。

目標ややりがいを見つけられない新人も多い

新人看護師の中には、毎日手術をこなす繰り返しで何のために仕事をしているか分からない人もいるのではないでしょうか?

手術室の中でも局所麻酔の手術であれば、患者さんと話をしたりする機会もあります。

しかし、局所麻酔で行われる手術は1時間以内で終わるものが多かったりと、その場かぎりの関わりになってしまいます。

このように、患者さんとの関わりが少ないことで、手術室の看護師が自分の目標を見出せないという人も多いです。

外回り業務がきっかけでやりがいを感じた

手術室では術中に患者さんと関わる機会が少なく、器械だしであれば1日の業務の中で患者さんと会話をしなかった日もあるくらいです。

私自身も新人の1年目の時は器械だしがメインだったので、毎日ドクターに怒られてやりがいを見いだすことができませんでした

器械だしに慣れてきた頃には、ドクターの指示なしで的確な器械を手渡せることに、楽しさを感じていましたが、慣れてくると当たり前になるので、新鮮さも感じなくなりました。

患者さんの治療のために安全に手術を行うことが、手術室の看護師の役割ですが、毎日器械だしばかりで何のためにやっているのだろうという思いもありました。

そんな私が、オペナースとしてのやりがいを感じたのは、外回り業務を始めた頃です。

自分の患者さんに責任を持つことがやりがい

外回り業務では術前訪問や入室の迎え、退出までを担当しますが、自分の担当した患者さんが安全に手術を受けて帰室できるよう努めなければなりません。

体位固定がうまくいかず褥瘡などが出来てしまった場合は、担当した外回り看護師のレベルとして表されてしまいます。

自分が担当した患者さんには褥瘡を作らせない!

そんな思いが芽生えてくるようになり、体位固定などを工夫したり、より安楽な体位固定ができるよう努力するようになりました。

そして、術後の経過をカルテで観察したり、術後訪問に行って回復している姿を見たときに、手術室の看護師としてのやりがいを見いだすことができました。

目標は褥瘡を作らず帰室させること

その当時の私の目標は、褥瘡を作らず患者さんを帰室させることでした。

自分が行った看護ケアが、結果として実感することができた点にやりがいを感じることができました。

もちろん器械だしとしての目標もありますが、外回り業務で患者さんとの関わりが増えたことがオペナースとしてのやりがいのきっかけに。

このように患者さんとの関わりを通してやりがいを感じる人も多いですが、この先のことを考えたときキャリアとして何を目標にしていけば良いか分からないという人も。

オペナースが考えるキャリア

病棟経験のために病棟に出る

看護師のキャリアを考えたときに、この先病棟で看護師としての経験を積んでみたい人もいるかもしれません。

せっかく手術室で働いているのにもったいない、などと周りに言われることもあると思いますが、手術室で働いているからと言ってこだわり続ける必要もないと思います。

実際に、病棟での看護を経験して、また手術室に戻って頑張っている人もいるので、自分のやりたいことを目標にするのは良いことです。

手術室を極めて資格を取る

中には手術室での看護が好きで、手術室看護を極めたいと考えている人もいるかもしません。

そんな人には、手術看護認定看護師などの資格制度を利用して、認定看護師になることも方法です。

認定看護師になることで、手術室以外の異動が免除されたりとメリットもあるので、興味がある人は、資格の取得も視野に入れて考えてみることをオススメします。

手術看護認定看護師になるためには、看護師免許取得後から5年以上実務経験があることやそのうち3年以上は手術室で働いていることなど、資格取得の条件があります。

認定資格は看護師のスキルアップの資格なので、興味がある人は調べてみてはいかがでしょうか。

キャリアのために転職する

手術室で行われる手術は、病院によって異なり、規模の小さい病院や専門病院であれば限られた分野の手術しか経験できないこともあります。

手術室でのスキルを磨くためにも、自分が経験したことがない分野の手術を経験するために、転職を考えている人もいると思います。

手術室の看護師としては、どんな手術でもこなせるスーパーオペナースになることは憧れですよね。

病棟経験のないことが不安に感じる人も多い

手術室のキャリアを考えたときに、病棟経験がないことに対して不安を感じる人も多いですよね。

私自身も、手術室でしか経験がないから病棟では使い物にならないのでは?という思いから病棟への転向を果たしました。

実際は、病棟業務に慣れるまで時間はかかりましたが、急変対応や術後の患者さんの対応、術式に関しての質問に答えられるなど、手術室での経験を生かして働くことができました。

病棟に出ることに対して不安を感じている人も多いですが、手術室の看護師だから使えないなんてことはありません

特に急性期の外科病棟では、手術室経験があることで重宝させる存在なのです。

オペナースとして自信を持つために

手術室での看護は特殊な環境であり、やりがいを見いだすことが難しいと感じることもあると思います。

患者さんとの関わりが少ない仕事ですが、会話ができない患者さんの安楽を整えるというスキルは、看護師として身につけておきたいものです。

また、このようなスキルは手術室でしか身につけることができないため、オペ室だからとネックに考えるのではなく、自分に自信を持つことも大切です。

自分のキャリアアップのために転職をすることは、自分の経験にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です