転職するなら病棟勤務?手術室から病棟勤務への転職について

手術室での看護も良いけどやっぱり病棟で働きたいと考えている人も多いと思います。

手術室には手術室の看護がありますが、一般病棟の看護とはまた違います。

採血や身体介助、ケアなどは病棟で経験することができるものであり、手術室では基本的な看護技術を身に着ける機会が少ないのです。

手術室の看護技術とともに病棟での技術も身に着けたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

今回は、手術室から病棟への転職について紹介していきます。

手術室と病棟で必要なスキルは違う

手術室では患者さんの手術がスムーズに進むよう、様々な配慮を行いながら業務を行っていきます。

しかし、手術室で必要な看護師としてのスキルと、病棟で必要なスキルは全然違います

手術室では外回り担当が術前訪問を行い、手術の説明と不安の緩和などの関わりを行ったり、術中の全身管理、直接介助の器械操作や介助業務など手術全般でのスキルが求められます。

病棟では、患者さん中心の業務になるので、コミュニケーションをとりながら退院にむけての支援が主な業務になります。

そして、技術の面でも病棟では採血や静脈注射、投薬、処置介助など基本的な技術を身に着け、実施していかなければなりません。

手術室では採血や静脈注射などの技術を経験する機会があまりないため、新卒から手術室で勤務している人は、基本的な看護技術を身に着けることができないと言われています。

看護師として幅を広げるためにも病棟への異動願いや病棟勤務を希望しての転職を行う人が多いのです。

病棟への異動希望は認められないことが多い

同じ職場のスタッフの中には、毎年病棟への異動願いを出しているのに認められないという話を聞いたことがあると思います。

病院にもよりますが、手術室は異動が少ないところもあり、ほとんど人の入れ替わりがないというところもあるのです。

ではなぜ、手術室から病棟への異動が認められないことが多いのでしょうか。

自立するまで時間がかかる

その理由として、手術室で1人立ちするまでに時間がかかる看護師の人不足という問題が挙げられます。

一般病棟では新人に対して、1年間プリセプターが指導に当たり、1年後には自立できるよう教育を行っていきます。

だいたいの新人は入社して、1年後くらいにはある程度自立して先輩スタッフと同じように動けるように成長していきます。

しかし、手術室では手術の種類が多い病院や緊急呼び出し対応などがある病院は、新人が独り立ちして自立するまでに時間がかかるのです。

通常であれば、1年目は直接介助を全般的に経験して、2年目から外回り業務を始めるため、病棟と比較すると2倍ほどの時間と労力が必要になります。

手術室で活躍できる人になるまでに時間がかかるため、簡単には病棟への異動が認められにくいのです。

看護師として病棟での経験を積みたいと考えている人の中には病棟勤務を希望して転職をする人も多いです。

病棟勤務は慣れるまでの間は大変

新卒からずっと手術室勤務で、病棟経験がない人が病棟勤務を希望して転職する場合は、病棟での勤務に慣れるまで大変なことが多いです。

最初は受け持ち患者さんの数の多さに戸惑い、慣れない身体ケアや静脈注射、病棟でのシステムについてなど、自分のキャリアとは関係なく仕事ができないと感じる時期があります。

手術室ではバリバリのキャリアウーマンとして働いていた人も、病棟に出てしまうと思うように仕事ができず挫折してしまう人もいるのです。

病棟での業務に慣れるまでは約3ヶ月ほどかかると言われていますが、この3ヶ月で手術室に帰りたいと思う人も多いのです。

慣れてしまえば病棟での仕事も楽に感じたり、手術室では少なかった患者さんとの関わりなどを楽しむ余裕が出てきますが、最初はある程度の覚悟を持って挑むことをオススメします。

夜勤もこなさなければならない

病棟での勤務につきものなのが夜勤ですよね。

手術室で働いていると夜勤を経験することがあまりないため、夜勤がどうしても不安という人も多いと思います。

手術室では夜勤の代わりにオンコールや当直、呼び出し対応などがあるところも多いと思いますが、病棟での夜勤とはまた違います。

夜勤も職場によっては2交代、3交代と種類があるので自分に合わせて選択することが必要です。

今まで手術室で日勤として働いていた人にとって、いきなりの夜勤は体力的にも辛いものがあるので、病棟業務に慣れつつ体力作りも必要かもしれません。

病棟勤務のメリット

手術室でのスキルだけでなく、看護師としてのスキルも上げたいと考えている人もいると思います。

病棟で働く上でのメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 患者さんの情報を把握しやすい
  • 24時間患者さんを診ることができる
  • 専門的知識を身につけることができる
  • 必要な観察力と判断力が身につく
  • 回復過程まで関わることができる
  • やりがいを感じられる

手術室では患者さんとの関わりは手術の間だけに限られてしまいますが、病棟では毎日患者さんの経過観察をしながら関わっていくことができるため、患者さんの情報を把握しやすく看護師としての経験につながります。

手術室で働いている術後の患者さんの回復経過などが分かりにくいですが、病棟では術前から術後、退院までトータルでサポートすることができるため、看護師としてのやりがいを感じることもできます。

そして、病棟で働く上で大切な、観察力と判断力を身につけることができます。

手術室では術中はすぐにドクターに報告を行い指示を仰げる環境ですが、病棟ではドクターが常にいるわけではないため、到着までの間に適切な処理や判断を下さなければなりません。

このような観察力や判断力は、病棟での経験や知識が非常に大切になってきます

病棟勤務のデメリット

病棟で働きたいと考えている人もいると思いますが、メリットだけでなくデメリットも押さえておきましょう。

デメリット
  • 夜勤がある
  • 休日がバラバラ
  • 休みが取りにくい
  • 不規則な生活になる

手術室から病棟での勤務では夜勤もあり、シフトも今までのように規則的な生活ではありません。

変則なシフトであるため、休日も把握しづらく予定が立てにくいと感じた人も多いようです。

また、職場にもよりますが、休み希望は月に2回まで出すことができず、必ずしも反映されるわけでもないので、休みが取りにくいということもあるようです。

手術室であれば手術予定によっては休みを取りやすいところもありますが、病棟では難しいようです。

ライフワークバランスを重要視する人であれば、慣れるまではしんどいと感じることも多いのではないでしょうか。

【現役看護師に聞く!】手術室から病棟デビュー

実際に手術室勤務から病棟デビューを果たした、現役ナースに感想を聞いてみました。

最初は病棟希望で手術室に配属された

手術室で3年経験を積みましたが、最初は手術室希望ではなかったです。

病棟希望だったので手術室に配属されて驚きましたが、慣れてくるうちに手術室で働く楽しさも感じることができました。

でも自分の看護師としてのこれからを考えた時にやっぱり病棟での看護も経験したいという思いが強くなってきてしまって・・・。

手術室から病棟への異動希望を出したのですが、なかなか認めてもらえず転職を決意しました。

病棟デビューを果たしたが落ち込む日々

転職先では念願の病棟に配属されて嬉しかったのですが、最初は採血や身体ケアなど基本的なことも経験が少ないため、自信がなく落ち込む日々でした。

出来ないことが多いという現状に何度も落ち込み、辞めたいと思うようになってしまいました。

職場の先輩からは「とりあえず3ヶ月は続けてごらん」と励まし続けられ、3ヶ月ほど辛い日々を過ごしたあたりから病棟業務に慣れ、少しずつ患者さんとの関わりを楽しむ余裕が出てきました。

手術後の患者さんが元気になって、退院していく姿を見送る瞬間が何よりも嬉しいです。

手術室では経験出来なかった、やりがいを感じることができて看護師としても少しだけ成長できたと思います。(26歳・女性・病棟看護師)

病棟デビューを果たすために

彼女も手術室から病棟デビューを果たしたナースの1人ですが、やはり最初の慣れないうちは毎日がしんどいと感じていたようです。

しかし、辛い日々を乗り越え、今はやりがいを感じながら看護師として頑張っています。

手術室から病棟デビューを果たすために、手術室での経験をもとに病棟でも働きたい、病棟経験を積んで看護師として、スキルアップしたいと考えている人もいると思います。

病棟での経験は看護師を続けていく上でも重要なものになるので、経験できるうちに経験しておいた方が良いでしょう。

手術室に配属されて間もない頃のように、病棟に配属されてすぐは出来ないことも多く慣れるまでは大変です。

しかし、慣れてくると病棟で働くことの楽しさを感じることができるので、手術室とはまた違う看護に気付くことができますよ。

病棟デビューのために転職することも方法

手術室で働いていると、病棟への異動が認められず何年も病棟に出ることができない人も多いです。

異動希望が通らない場合は、転職をして病棟デビューすることも方法の一つです。

看護師として後悔のない選択をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です