半年経ったけどもう辞めたい!新人看護師の悩みと対処法

新人看護師の中には「半年ほど経ったけどもう辞めたい」と思っている人もいるのではないでしょうか?

新人看護師が辞めたいと思う時期は1ヶ月目と3ヶ月目、半年とありますが、半年で辞めてしまう人も多いです。

新人看護師の半年の時期は、ひとり立ちし始め、色々と1人で任されることも増えるので負担に感じることもありますよね。

今回は、半年で辞めたいと思っている新人看護師の悩みと対処法についてお伝えします。

半年で辞めたいと思う新人看護師は多い

新人看護師の中には、入社してずっと「辞めたい」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、半年経った頃から辞めたいと思い始める新人看護師も多いです。

特に手術室では、半年たった頃からほとんどのオペに1人で担当させられることも多く、先輩のフォローなしで不安とプレッシャーの毎日です。

そんなハードな毎日に疲れてしまい「辞めたい」と思う人も多いです。

新人看護師の離職率は高い

看護師は離職率が高いと言われていますが、新人看護師の離職率も高くなっています。

病院によって差はありますが、離職率が高いところでは1年後には1/3ほどしか残っていないところもあります。

辞めてしまう理由は人それぞれですが、ハードな仕事に耐えきれず辞めたという新人ナースも少なくありません。

新人看護師が半年で辞めたいと思う理由とは?

看護師を辞めたい」と思っている新人看護師は多いですが、なぜ半年で辞めたいと思うのでしょうか?

先輩のフォローがなくなり1人で任されることに負担を感じている

半年が経過するとオペを担当した経験も増え、ひとり立ちさせられることが多いです。

今までは先輩のフォローがあり成り立っていた部分が、急に1人で対応しなければならなくなるので負担が増えたと感じます。

また、1人で対応することに対する不安やプレッシャー、ミスへの恐怖心など様々な感情からストレスとなってしまいます。

このようなストレスに耐えきれず「辞めたい」と思う人も多いです。

ミスばかりで看護師としての自信がない

ひとり立ちして1人で対応することが多くなると、ミスも増えてしまいます。

ミスは成長の糧になりますが、オペ室でのミスは患者さんに直結してしまうため、許されるものではありません。

ミスをするたびにドクターや先輩に怒られ、自信をなくしてしまう新人も少なくありません

ミスをすることが怖くなり、積極的に動けず悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

やっぱり自分には合わないと気付き始めた

入社したての頃は新しい環境に慣れることに精一杯で周りが見えていませんが、半年経つと少し余裕が出てきて周りが見えるようになってきます。

周りが見える余裕が出てきて、改めて「看護師が自分に合わない」と気付き始める人もいます。

合わないと感じる人や「看護師という仕事が好きではない」と思う人も少なくありません。

合わないと悩みながら続けることが辛くなってしまい、辞めてしまう新人看護師も多いです。

新人看護師が半年で辞めるメリットとデメリット

半年で辞めたいと考える新人看護師は多いですが、半年で辞めてしまうメリットとデメリットを見ていきましょう。

新人看護師が半年で辞めるメリット

新人看護師が半年で辞めるメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事のストレスから解放される
  • 自分に合った職場を見つけられる
  • 悩みを解決できる

辛い仕事の日々やストレスから解放され、悩みを解決できます。

また、自分に合った職場を見つけられることもメリットになります。

職場が合わないと感じている人は、我慢して続けるより新しい職場を見つけるほうが良いことも多いです。

新人看護師が半年で辞めるデメリット

一方、新人看護師が半年で辞めてしまうデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 看護師経験が十分に身についていない状態
  • 職歴が短期間になってしまう
  • ゼロからのスタートになってしまう

看護師経験が半年なので、スキルも経験も十分に身についていない状態になってしまいます。

そして、職歴が短期間になってしまうので、転職の時に不利になってしまう可能性もあります。

また、職場を変えることによってゼロからのスタートになってしまうこともあります。

このように半年で辞めるには、メリット・デメリットがあります。

半年で辞めたいと思ったときの対処法

毎日辞めたいと悩んでいる新人看護師も多いと思いますが、辞めたいと思ったときの対処法をお伝えします。

辞めようか迷っているならもう一度冷静に考える

辞めたいではなく「辞めようか迷っている」のであれば、もう一度冷静に考えることが大切です。

辞めたい理由が特に見当たらず、仕事がしんどいから、楽な仕事をしたいからなどの理由の場合は、辞めずに続けることをオススメします

職場が変わっても仕事のしんどさは変わらないため、今の職場で慣れて続けることが良いでしょう。

職場が合わないと感じているなら転職もアリ!

職場環境が合わないと感じているのであれば、すぐに切り替え転職することも方法です。

職場環境が合わないことを我慢して働き続けることで、体調が悪くなってしまったりすることもあります。

手術室は他にもたくさんあるので、自分に合った職場を見つけることも可能です。

また、同様に人間関係が合わないと感じている人も転職することをオススメします。

人間関係は根本的な解決が難しいので、我慢するくらいなら新しい環境で頑張る方が自分のためになります。

看護師そのものが合わないと感じたら他の仕事にも挑戦できる

看護師の仕事自体が合わないと感じたら、看護師以外の仕事にも挑戦できます。

看護師だから看護師として働かなければならない、というわけではありません。

ただし、職種を変える場合は20代の早い間に動くことがポイントになってきます。

また、看護師の資格を活かせない仕事への転職の場合は、ゼロからのスタートになるので、早めに転職活動を行うことをオススメします。

看護師として成長するために

新人看護師の中には、毎日辞めたいと思いながら仕事をしている人もいるかもしれません。

仕事への慣れや知識不足、経験不足は時間が解決してくれますが、職場環境や仕事が合っていないなどの問題は解決できません。

職場環境や人間関係が合わないと感じたら、半年であっても環境を変えることで頑張れることも多いです。

看護師として成長するためには、我慢だけでない解決策も見つけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です