オペ室に疲れたと感じる看護師も多い!オペ室に疲れた時の対処法

手術室で働いている人の中には、オペ室の環境に疲れてしまい辞めたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

オペ室は常に緊張感やプレッシャーが大きく、精神的に疲れてしまう人も多いです。

疲れたから辞めたいと思ったときは、体調を崩してしまう前に対処することが大切です。

今回は、オペ室に疲れて辞めたいと思った時の対処法についてお伝えします。

オペ室に疲れたと感じる看護師も多い

オペ室で働いている人の中には、オペ室の環境に疲れてしまったと感じる看護師も多いです。

疲れたと感じる理由は人それぞれですが、中にはそのまま頑張り続けてしまい体調を崩してしまう人も。

「疲れた」と感じる時点で、身体からのサインでもあるのでしっかり向き合うことが必要になります。

オペ室に疲れたと感じる原因はについて見ていきましょう。

オペ室に疲れたと感じる原因は?

オペ室で働いている看護師の中には、様々な理由で「疲れた」と感じるようです。

常に緊張感があり休まらない

オペ室では常に緊張感があるので、休まらないことも多いです。

手術中は集中力を維持し続け、立ちっぱなしで業務を行うため、身体も辛いと感じることも少なくありません。

手術が終わってからも、緊急手術の連絡などが入ってくるので、職場にいる間はホッとできる時間がありません。

常に緊張感がある環境に疲れたと感じる看護師は多いです。

オンコールや呼び出し対応のプレッシャー

手術室によって体制は異なりますが、オンコールや呼び出し対応などがあります。

オンコールや呼び出し対応などでは、いつ電話が鳴るか分からない状態です。

また、オンコール当番の日は遠出が出来ないので、拘束されてしまいます。

オペ室で働いていると職場以外での制約やプレッシャーがあるので、疲れたと感じることも少なくありません。

オペによって残業が多くなる

オペ室では手術によって、残業が増えることも多いです。

オペの予定が変更になったり手術が長引いてしまうこともありますが、手術が終わるまでは担当しなければならないので、残業が多くなってしまうこともあります。

特に緊急手術の受け入れを行なっている手術室では、帰宅間際に緊急手術が入って担当することも珍しくありません。

このようなイレギュラーが常に起こる環境に、疲れたと感じる看護師も多いです。

ロングオペの対応がしんどい

ロングオペは手術の内容にもよりますが、10時間以上に及ぶものもあります。

看護師は交代しながら手術を担当しますが、朝から夕方まで7時間以上担当し続けることも少なくありません。

休憩時間はあっても自由にトイレなどに行けるわけでないので、立ちっぱなしで体力的にも精神的にも辛いです。

新人教育が大変

新人教育はどの部署でも行われていますが、手術室では1人立ちするまでに時間がかかるので、新人教育が大変に感じる人も多いです。

また、先輩や主任、そして新人からの板挟みに合ってしまうことも疲れてしまう原因の一つです。

そして、新人教育担当により負担が増え自分の業務が進まないことでも、ストレスを感じてしまう人も少なくありません。

オペ室に疲れたから辞めたいはアリ?

オペ室に疲れて辞めたい人の中には、「疲れた」が辞める理由にならないのでは?と思っている人もいるかもしれません。

疲れてしまったと感じることは、今の職場環境に対してストレスを感じている状態です。

ストレスを我慢し続けてしまうと、体調不良になってしまったり仕事が続けられない状況になることもあるので注意が必要です。

「オペ室に疲れたから辞めたい」は、辞める理由として成立します。

オペ室に疲れた時の対処法

オペ室で働いていると「疲れた」と感じることも多いですが、疲れたと感じた時の対処法を見ていきましょう。

オペ室の環境に疲れてしまった人

オペ室に疲れた感じる人の中には、オペ室の環境に疲れてしまった人もいます。

「看護師の仕事は好きだけどオペ室に疲れた」人は、オペ室以外の部署への異動や転職も方法です。

オペ室から病棟への異動は、なかなかすぐに認められないことも多いので、心機一転新しい環境に転職することもオススメです。

手術室以外にも病棟やクリニック、施設など、看護師として活躍できる場所はたくさんあります。

オペ室だけでなく看護師に疲れて辞めたいと思った人

オペ室の環境だけでなく、看護師に疲れて辞めたいと思った人は、看護師をやめて他職種に転職することも方法です。

看護師から他職種への転職はハードルが高いと思われがちですが、看護師の経験を生かして働ける職場もたくさんあります。

看護師免許を生かしながら一般企業に転職することも可能です。

実際に、看護師から異業種への転職を果たして活躍している人もたくさんいますよ!

看護師から他職種に転職するときに知っておきたい3つのポイント

自分に合う仕事を見つけるために

オペ室は特殊な環境であり、常に緊張感とプレッシャーに追われていると感じることも多いです。

「今まで頑張ってきたけど疲れてしまった」と思っている人は、少し立ち止まって自分を休ませてあげることも必要です。

オペ室に疲れたと感じたら、もう一度自分を見つめ直し、自分に合う仕事を見つけることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です