看護師が”辞めたい”を言えない時にできる3つの対処法

看護師の中には、早く辞めたいと思っているのに「辞めたいが言えない」と悩む人もいるのではないでしょうか?

人手不足や現場の忙しさを考えると、なかなか”辞めたい”と言い出しにくいですよね。

でも、辞めたいが言えなければ、辞める事もできず悩みを解決できません。

今回は、看護師が”辞めたい”を言えない時にできる3つの対処法についてお伝えします。

「辞めたい」が言えないと悩む看護師も多い

辞めたいと思いながら働いてる看護師もいると思いますが、なかなか”辞めたい”と言い出せない人もいると思います。

「今日こそは言おう!」と思っていても、言い出せずに時間がだけが経ってしまう事も多いですよね。

意外にも「辞めたい」が言えないと悩む看護師も多いのが現状です。

早く辞めたいと思っているのに言えない

早く辞めたいと思っているのに、勇気が出せず言い出せないと悩む人も多いです。

辞めると言った時のリアクションや引き止め、迷惑をかけてしまうなどの罪悪感、など様々な感情や思いがありますよね。

早く辞めたいと考え始めて行動できず、気がつけば1年、2年経っていた経験がある人もいると思います。

辞めたいを伝えるタイミングが分からない

辞めたいが言えない人の中には、辞めたいを伝えるタイミングが分からない人もいると思います。

現場が忙しい時期や退職者が続いた時は、伝えにくいと感じてしまいますよね。

そのまま雰囲気に流されてしまい「辞めたい」を伝えるタイミングが掴めず、そのままになってしまう人も。

タイミングが分からない人の中には、個人面談の機会を利用して”辞めたい”を伝える人も少なくありません。

看護師が辞めたいを言えない時の3つの対処法

ここでは、看護師が”辞めたい”と言えない時の3つの対処法について紹介します。

本当に「辞めたい」のか再確認する

”辞めたい”と考えている人の理由は、人間関係や職場環境など様々ですよね。

辞めたいと思っていても、「まだこのままで頑張れそう」「乗り越えられるかもしれない」と感じている人もいるかもしれません。

本当に辞めたいと思っていないのであれば、辞めてしまう事で後悔に繋がってしまう事もあります。

仕事がしんどいなどの理由であれば、時間が解決してくれる事もあるので辞めることが解決策にはならない事もあります。

本当に辞めたいのかを自分自身に問いかけ、再確認して意思をハッキリさせましょう。

辞めるための理由を作っておく

辞めたいを伝えられない看護師の中には、伝えた時のリアクションが怖くて伝えられない人もいます。

「反対されたらどうしよう」「引き止められたら嫌だな…」など、伝えた時のことを考えてしまいますよね。

リアクションが怖いのであれば、反対されない引き止められない理由を作っておく事も方法の一つです。

反対されない、引き止められない理由としては、下記のようなものがあります。

  • 実家に帰る必要性が出てきたので仕事が続けられない
  • 家族の仕事を手伝うことになった
  • 結婚して家庭を優先するため

辞める理由を伝えるポイントとしては、あまり詳しく伝えすぎないことです。

次の転職先から内定をもらう

辞めたいを伝えられない人は、伝えざるを得ない環境を作ってしまう事も方法の一つです。

転職活動を進め、転職先から内定を先にもらっている状態であれば、反対される事も少ないので伝えやすくなりますよね。

看護師は3ヶ月前には退職の意を伝えなければならないので、それよりも前に転職活動を行い計画することが大切になります。

看護師が「辞めたい」を伝えるときに注意したい3つのポイント

職場を辞める時は、トラブルもなく円満退職したいと考えますよね。

看護師は引き止めなども多いので、なかなか思うように退職交渉が進まない事もあります。

円満退職するために、看護師が「辞めたい」を伝えるときに注意したい3つのポイントを見て行きましょう。

①一番最初に師長に伝える

退職交渉は、一番最初に現場のトップである師長に伝えることが大切です。

師長より前に先輩などに話してしまい、先輩から師長の耳に入ってしまうとトラブルの原因になってしまう事もあります。

そのため、師長と2人きりで話ができる環境を作ることが、退職交渉の第一歩になります。

なかなか師長に声をかけづらいと感じる人は、社内メールを利用して「相談があるから話をする機会を作って欲しい」との旨を伝える事もポイントです。

実際に私の周りでは、社内メールや師長が1人でいるところを狙って伝えている人が多かったです。

②相談ではなく決定事項として伝える

退職を伝える時は、「辞めたいと考えている」などの相談として持ちかけるのではなく、決定事項として伝えることがポイントです。

相談になってしまうと説得されてしまい辞められないことが多いです。

具体例としては「家庭の事情を優先させたいので、辞めます」と決定事項として伝えましょう。

③引き止めに流されない

看護師の現場は人手不足の問題も深刻なので、引き止めに遭う事も少なくありません。

引き止められてしまうと、辞めにくくなってしまいますよね。

「あなたがいないと現場が回らない」などと言われてしまうと必要とされている感じがして嬉しくなり、思いとどまってしまう事も。

でも、引き止める人の本音は、辞めて欲しくないではなく人手不足にしたくない思いが大きい事もあるため、本気で辞めたいなら引き止めに流されない事も大切です。

考え直して欲しいと言われても、辞める気持ちは変わらないとハッキリ伝えましょう。

「辞めたい」と思ったら転職アドバイザーに相談する事も大切

看護師を「辞めたい」と思っても、なかなか実行できない人も多いですよね。

また、円満退職をするための進め方も知っておきたいと思うひとも多いはず。

そんな時は、転職のプロであるアドバイザーに相談することがオススメです。

退職交渉の相談にも乗ってもらえる

転職サイトのアドバイザーは看護師の転職に関するプロであり、様々な悩み相談や解決のためのサポートを行っています。

そのため、退職交渉の流れやアドバイスなどの相談にも乗ってもらえるので安心です。

退職交渉や転職活動は1人で孤独ですが、アドバイザーがサポートしてくれる事で心強いですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です