足の浮腫で悩むナースは多い!現役オペナースが実践している浮腫対策

看護師として働き始めてから、足のむくみが気になりだした人もいるかもしれません。

ずっと立ちっぱなしで手術に付いていることが多いため、夕方になるとふくらはぎが怠く重くなって辛いという人も。

手術室では特に長時間のオペにつく事もあるため、足のむくみをどうにかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、現役オペナースが実践している足のむくみ対策について紹介していきます。

(むくみ)とは水分が溜まっている状態

長時間のオペで立ちっぱなしのことが多く、足がすぐに浮腫んでしまう人もいると思います。

浮腫とは、足に水分が溜まっている状態のことです。

体内の水分の流れが悪くなり、足に溜まり、浮腫を引き起こしているのです。

脚が腫れて辛い浮腫ですが、なぜ起こってしまうのでしょうか?

浮腫が起こる原因

むくみが起こってしまう原因はいくつか考えられます。

  • 長時間立ちっぱなしの状態
  • 運動不足による冷え性や血行不良
  • 水分、塩分の摂り過ぎ
  • 下肢静脈瘤
  • 肝臓の病気
  • 腎臓の病気

これらがむくみを引き起こす原因として考えられますが、それぞれ詳しくみていきましょう。

長時間立ちっぱなしの状態

長時間立っていると、重力により血液は足に留まってしまいます。

すると静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまいます。

長時間のオペについていると立ちっぱなしであるため、手術室で働く看護師は足がむくみやすいです。

運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮をすることでポンプの役割を果たします。

しかし、運動不足によって筋肉が衰えてしまうと、ポンプ機能が低下してしまい足に水分が溜まりやすくなってしまいます。

さらに足先の毛細血管まで血液がスムーズに流れなくなってしまい、冷え性や血行不良を伴うむくみが起こってしまいます。

水分、塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を摂りすぎることによって、血液中の水分が増えてしまいます。

そして、余分な水分が溜まりやすくなってしまい、浮腫につながってしまいます。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、下肢にある静脈の静脈弁が壊れることにより、血液が逆流して、足に留まってしまう血管の病気です。

血液が正常に流れず溜まってしまうため、むくみの原因になります。

肝臓の病気

肝臓に病気を抱えている患者さんには、浮腫の症状が見られます。

肝臓が弱っていると、血管内に水分を引き込むアルブミンの生成がうまくできないためです。

そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい浮腫みが起こってしまいます。

腎臓の病気

腎臓が何らかの原因で弱ってしまっていると、カラダの中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因となってしまいます。

オペナースは立ちっぱなしが浮腫の原因

むくみを引き起こす原因はいろいろとあります。

しかし、オペナースの悩みであるむくみの原因は、立ちっぱなしという職場環境によって引き起こされているケースが多いです。

では、現役オペナースが実践しているむくみ対策を見ていきましょう。

むくみ対策は日頃の意識が大切

立ちっぱなしが多い現場では、浮腫で辛い思いをしている人も多いと思います。

むくみを解消するためには、むくみを予防することが大切です。

むくみを予防するための方法を見ていきましょう。

浮腫予防の方法

  • 出勤とともに弾性ストッキングを着用
  • ちょっとした合間にストレッチ
  • 休憩中にマッサージ
  • 重りを足首につけて筋トレ 
  • ふくらはぎのマッサージ
  • 足を高く上げる
  • 着圧ソックスを履いて寝る

これらが浮腫みを予防するための方法ですが、オペ中はじっと立っていることが多いので、分かっていても実践することが難しいですよね。

手軽に浮腫みを予防するためには?

足の浮腫みは、長時間の立ちっぱなしによって引き起こされてしまいます。

浮腫み予防効果がある弾性ストッキングを着用することで、浮腫を予防することができます。

弾性ストッキングにも色々な種類がありますが、浮腫予防ができるものを選ぶことが大切です。

冷えとコリを解消できる弾性ストッキング

ふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えの解消に遠赤磁気サポーター

浮腫の原因の一つに、足の冷えがありますが、脚が冷えて辛い思いをしている人もいると思います。

この弾性ストッキングには、磁気が埋め込まれているので、遠赤外線により冷えとコリを解消してくれます

市販されている弾性ストッキングには磁気がついたものはないので、足の冷えとコリに悩む人にオススメです。

磁気がふくらはぎの筋肉に程よく当たって、心地が良い感触です。

足の浮腫とハリが気になる時は、このストッキングを履いて寝ると翌朝スッキリ起きることができます

医療用磁気を使用していることもあって、値段は少し高いですが、1枚買ってよかったので私は2枚持って回していました。

足の浮腫を解消するために

足のむくみは一度痛くなりだしたらずっと続くため、仕事中も気になって集中できないということがありますよね。

手術室では術中は立ちっぱなしということが多いため、どうしても足がむくみやすい環境です。

足のむくみは起こってからでは遅いため、むくみを起こさないように予防することが大切です。

日頃から弾性ストッキングを活用して、浮腫み知らずになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です