プリセプターと合わなくて辛い!1人で悩む前に実践したい3つの解決方法

入社してすぐの新人看護師には、プリセプターの先輩看護師が付いてくれますよね。

プリセプターは、新人看護師の技術の見守りから仕事の流れまで、手取り足取り教えてもらえる頼りになる存在です。

でも、手術室ではずっとマンツーマン状態なので、プリセプターとの関係が良くないと仕事が辛くなってしまうことも。

新人看護師の中には、プリセプターと合わないと悩む人も多いです。

今回は、1人で悩む前に実践したい3つの解決方法について紹介します。

プリセプターとは新人の教育指導を行う看護師のこと

入社したばかりの新人看護師は、仕事を覚えるためにプリセプターと呼ばれる教育指導を行う先輩ナースが付いてくれます。

このプリセプター制度は、多くの施設で導入されています。

1人(プリセプティー)に対して、1人のプリセプターが担当してくれます。

プリセプターは、プリセプティーが仕事に慣れるまでの間、指導やフォローなどを行います。

プリセプターは3年目が担当することが多い

病院や施設にもよりますが、プリセプターは3年目の看護師が担当することが多いです。

3年目なので、新人看護師と歳も近く仲良くなれそうな気がしますよね。

中途入社の場合は、年齢やキャリアの近いナースが教育指導を行うこともあります。

プリセプターとの関係で悩む新人は多い

プリセプターは3年目の看護師が担当することが多く、年齢もキャリアも近いので、新人看護師の気持ちを分かってくれるのかと思いきや…。

機嫌によって態度が変わったり、質問しても無視されてしまったり、頼りたくても頼れない人も多いと思います。

職場にも慣れず孤独な新人看護師にとってプリセプターの存在は、お姉さんのような頼りがいのある先輩のはずですよね。

実際は、プリセプターと合わないという理由で辞めてしまう人も多いです。

プリセプターに関する悩み

  • 機嫌によって態度が変わる
  • 質問しても無視されてしまう
  • 影で悪口を言われている
  • いつも同期と比べられる
  • 他の先輩から怒られていてもフォローしてもらえない
  • 師長や同期がいる場所で怒られる

これらがプリセプター関する悩みですが、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

先輩からこのような関わり方をされてしまうと、仕事に対してモチベーションも下がってしまいます。

特に手術室では常に1対1のことが多いので、先輩の態度によって仕事に集中できない人いるかもしれません。

私も新人の頃は、先輩の機嫌や態度にビクビクしながら気を遣う毎日でした。

悩む前に実践したい3つの解決方法

先輩プリセプターと合わないと悩んでいる人は、毎日仕事に行くのも辛いですよね。

  • 自分の態度を見直し改める
  • 師長や主任にプリセプターを変えてもらうように相談する
  • 部署異動を検討する

これらがプリセプターと合わないと思った時の対処法ですが、それぞれの内容を見ていきましょう。

自分の態度を見直し改める

プリセプターの態度に悩んでいる人は、自分の態度や行いに問題がある場合もあります。

指示したことができない、時間を守れない、先輩に対する態度が悪いなど、自覚がない部分で先輩に不快な思いをさせてしまっているのかもしれません。

このような場合は、自分の態度を見直し改めることで関係性が改善することが期待できます。

自分で心当たりがない場合は、プリセプターや同期に直接聞いて見ることが近道です。

師長や主任に相談する

自分がプリセプターと合わないと感じていたら、相手も同じように合わないと感じていることが多いです。

まずは、1人で我慢せず師長や主任に相談をしましょう

この時に、同期や職場のスタッフにプリセプターとの悩みを言わないことが注意点です。

周りのスタッフに相談してしまうと、プリセプターの先輩の耳に入ってしまったり、ますます関係性が悪化してしまことが考えられるため、必ず師長や主任に相談しましょう。

師長や主任にプリセプターと合わないことを相談し、可能であれば変えてもらいたいと希望も伝えましょう。

部署異動を検討する

日勤のみの手術室では、毎日同じメンバーで働くのでプリセプターを変えてもらうことが気まずいと感じる人もいると思います。

病棟であれば日勤、夜勤のシフトなので顔を合わす機会も減りますが、手術室はそうはいきません。

お互いに気まずくなってしまい働きにくい環境が不安な人は、部署の異動を検討することもオススメします。

手術室から他部署への異動は勇気がいりますが、手術室以外の勉強もできるため新人看護師であればまだ間に合います。

解決できなければ転職も方法の一つ

相談や改善を試みても解決しなければ、転職をして新たな環境で頑張ることも自分のためです。

特に手術室で働く新人ナースの中には、手術室を希望して頑張っている人もいると思います。

手術室で働きたいと思っているけど、プリセプターや先輩との関係が合わないと思ったら、転職をして新しい手術室で頑張ることも方法の1つです。

1人で悩み続けて我慢を重ねると、気持ちもしんどくなってしまいます。

せっかく手術室で働き始めたのであれば、オペナースとして成長したいですよね。

転職の相談は転職のプロに

経験がない状態で転職ができるの?と不安に感じている人も多いと思います。

実は、経験の浅い新人看護師を積極的に採用している病院は多いです。

次に転職するなら、経験の浅い新人看護師をしっかり教育してくれる病院が良いと思っている人は多いと思います。

しかし、1人で教育制度を確認しながら病院を探すのは難しいです。

転職サイトのアドバイザーに相談することで、自分の希望に合った病院を紹介してくれます。

実際にその病院で働いている人のリアルな声も教えてもらえるので、安心して転職活動を進めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です